化粧品 肌に悪い成分

化粧品に入っている肌に悪い成分って何?

最近の化粧品は○○フリーなど
「肌に負担のかかる成分は配合していません」と書いているものが多くなっていますね。

 

 

では、肌に悪い成分って何なんでしょうか?

 

 

<化粧品に良く使われている負担が大きいとされる成分>

 

パラベン・・・防腐剤の役目

 

 アレルギー反応で肌荒れを起こす可能性あり

 

 

合成界面活性剤・・・汚れを落とす

 

 バリア機能を壊す働きがあると言われ、使用を続けることで乾燥や敏感肌になる可能性あり

 

 

合成着色料・・・色をつける

 

 タールや石油などの原料のものが多く、食べ物では発ガン性の危険が指摘されている

 

 

鉱物油・・・肌の保湿を助ける

 

 不純物が混じっているものを使い続けると顔にシミができたり色素沈着の恐れあり

 

 

香料・・・香りづけ

 

 成分表示に香料と記されるため、何を香料に使っているのかわからない怖さ

 

 

何が肌に悪いのかよくわからなかったという人も、それぞれの良くない点を見れば納得ですよね。

 

 

すべての人に肌トラブルが起きるというわけではありません。

 

敏感肌やアレルギー肌の人に出やすいようですが、長く使うことを考えればやはり、
負担がかかると言われる成分入りの化粧品は避ける方がよさそうですね。